リスクマネジメント

住友大阪セメントグループのリスクの把握、評価および対応を図るため、社長を委員長とする「リスク管理委員会」を設置し、その役割と責任を明確にするため、「リスク管理委員会規程」を制定しています。
リスク管理委員会は、年度ごとにリスク管理に関する活動の計画を策定し、その進捗を管理しています。リスク管理の状況に関する監査は、内部監査室が行い、その監査結果をリスク管理委員会に報告しています。
リスク管理委員会は、監査結果について、必要に応じて適切な措置を講じるとともに、監査結果等を取締役会および監査役に報告しています。

活動内容の紹介

2019年度は、昨年策定した「大震災初動対応指針」の周知を図り、各場所の危機管理マニュアルを更新しました。

また、本社BCP(本社被災版?拠点被災版)の見直しを行い、「業務俯瞰表」を策定しました。

主な訓練としては、昨年に続き臨時対策本部訓練を実施しました。臨時対策本部は夜間や休日など、終業時間外において大規模震災が発生した際に設置されるもので、被災想定に基づき安否確認、被害情報収集の訓練を実施しました。

更にBCPを保有する事業所は、自主的に教育?訓練?見直しを実施し、マニュアルの更新とブラッシュアップを図りました。

リスク管理に関する社内説明会、研修会の実施

2019年 4?? 階層別リスク管理研修実施 

     9月?? 臨時対策本部訓練実施、情報セキュリティ事故対応訓練実施

?????????????11月?? 本社避難訓練実施

???????????? 12?? 各部/事業所のリスク管理担当者と関係会社のリスク管理担当者で合同会議?講習会を開催

2020年??? 1~3月 各社員向け安全運転教育(e-ラーニング)実施

PAGE TOP
2828电影网/国产人妻熟妇在线视频/性交动态图/林帘湛廉时免费阅读